本音は面倒くさい人も多い…掃除の大変さと重要性

大抵の人たちは小さい時から必ず掃除をしなくてはならないものと教育されてきたはずです。

学校は必ず掃除当番がありましたし、社会人になっても節目節目で自分のデスクの周りを片づけたり、社内の大掃除をしなくてはならない時もあるはずです。

そして専業主婦の方々、主婦になった以上は必ず掃除をしなくてはならないといった流れに乗っからざるを得ない状況だと思います。

人間誰しも清潔な部屋で過ごしたいと思うのは当たり前なのですが、掃除をする側にとっては、とても重労働だったりするんですよね。

掃除をすると心まで磨かれ、精神が鍛えられるので、サボらず毎日するべきだ!そう周りの人たちに教え込まれてきて、大人になった人は毎日きちんと掃除をしているのではないかと思います。

しかし、正直…面倒くさい日もある!掃除をすることがとても大事であることは重々分かっているんです。

ホコリがたまっている部屋になかなか安らぎは求められないこともわかってはいるものの…ちょっとぐらいは手を抜きたい!そう思っている人は正直、とても多いと思います。

それならば、掃除の時短をすることで、苦にならず、そして綺麗に部屋の中を保つ事が出来るのではないかと考える人が多いはずです。

掃除も重要!そして肉体的にも精神的にも負担になりすぎないように時短も必要!色々探してみると掃除や家事に対しての時短術や、要領よく掃除をこなすやり方などがたくさんあることがわかりました。

掃除の時短はたくさんある!しかも身近なものの活用で!

掃除が面倒くさくなる一つの要員は色々な掃除道具にあると言えます。

たとえば、掃除機、これって非常に重い…。

とある高齢者の方が言っていたのを思い出しますが、「今の掃除機ってモーターが凄いから綺麗にゴミが取れるんだろうけど、機能が多すぎてわからないのと…重くて、一階から二階へ持って上がるのが辛い…」そうなんですよね!

高齢者だけでなく、力のあまり無い女性が重たい掃除機を上げたり下げたりするのも一苦労なわけです。

しかし、家にある様々な道具を用いて掃除をすることが出来るのは正直、ラクになる訳ですよね。

しかも、綺麗になるのならば、言う事無いわけです。

掃除に使えて、家事に使えて、それらを用いて家事全般が時短になるのならば、どんどん利用したほうが良いんです。

掃除イコール面倒くさいと思ってしまったら悲しいかな掃除をする間隔がどんどん開いていってしまいます。

掃除はさほど重労働じゃないと思えるような方法を見付けることが出来れば精神的にも楽になるはず。

このブログでは掃除や家事の時短について色々と調べてあります。

実際に活用できるものがとても多いですので、利用出来るものはどんどんと取り入れて、良い意味で手抜きして、精神的なバランスが取れれば良いのではないかと思います。

また、一人暮らしをしている若い人達にも応用できるようなものも多く、金銭的にもかなり節約できるような時短ネタもありますよ。

時短掃除の基本中の基本!ハタキは上から下へが大前提!

掃除をしてもあまり効率よく掃除できないという話をよく耳にします。色々な部屋があり、その部屋の形や、設置している家具によって掃除の仕方も変わりますし、なかなか、掃除も奥が深いですよね。

ただ、一生懸命掃除をしているのにも関わらず、すぐにホコリが溜まってしまったりする時は、掃除のやり方を考え直すと、綺麗な状態が長持ちする可能性がありますよ。

掃除をした状態を長く保たせるコツの一つとして、「上から下への掃除をする」というのがあり、これは掃除をする上での大前提となります。

例えばフローリングの部屋を掃除するのも、床や、ソファーの下などは重点的にしても、天井や電気の傘などに注目する人は案外少ないかもしれません。

床や窓枠など、自分の身長より低い場所は念入りに掃除をする人が多いと思うのですが、実は天井のホコリや電気の傘のホコリ、蛍光灯などのホコリを綺麗に取り除いてから床掃除をすると、綺麗に保てる時間は長くなるんですよ。

ホコリはどうしても上から下に落ちてきます。上側を掃除しないで下ばかりを掃除しても、ホコリが上から下へと落ちてきて、結局はすぐにザラ付きの原因になるんですよね。

天井の掃除まではモチベーションが上がらないという場合は、ハタキで天井全体を軽く叩いてホコリを床に落としてしまってください。そのついでにハタキで電球の傘や蛍光灯の傘なども叩いてホコリを落としましょう。

この工程を踏むだけで、部屋の中の掃除の時間はアッという間に済みますし、次までの掃除のスパンが少々空いても、ホコリが上から落ちてくることが少なくなりますので、さほど部屋の汚れが気にならなくなるんです。

また、一軒家の場合も同じで、まずは二階の部屋から掃除をして、最後に一階の部屋を掃除下ほうが効率がよくなります。二階で掃除をしている間のホコリが、階段などを経て一階に移動することが結構あります。

二階のホコリが一階に移動しても、最後に一階の部屋の掃除をすることによって、まとめて綺麗にすることが出来ます。

ホコリはとても軽いですので、ちょっとの風圧で移動してしまいます。ですので上から下への規則を守って掃除をすると、ザラ付きから解放されるはずですよ。

掃除は面倒くさいと思いますが、効率よくすれば時間も掛かりませんし、綺麗が長持ちします。天井までハタキをかけるのが面倒だと思う人がいるかもしれませんが、ハタキ掛けなんて本当に短時間で終わります。

力を入れる必要はありません。ホコリはちょっとハタキでトントンするだけで、すぐに下に落ちてきます。そんなに時間がかかる事ではありませんので、まずは自分の身長より高い部分のハタキ掛けを行なってみてくださいね。

ちょっと工夫するだけで、一度に掃除がすみますので、忙しい方こそ、ハタキ掛けの工程を入れてみてください。上部のホコリは下に全部落としてしまって、まとめて床掃除!これが一番早く掃除を終えることが出来る時短方法ですよ♪

是非、試してみてくださいね。
(๑•̀ㅂ•́)و✧

時間がかかる冷蔵庫掃除…時短掃除をするならエタノール!!

家の中の掃除、やる所はいっぱいあります。毎日はこまめに出来ないものの、気付いた時にやっておきたいのが冷蔵庫の掃除です。

ただ!冷蔵庫の掃除は本当に大変!中を分解しつつ掃除をしなければなりませんし、室内も結構奥深いですし、手を入れて掃除したりするとかなりの重労働…(つД`)

しかも何段も分かれていますし、冷凍庫や冷蔵庫もありますし、下手したら一日がかりになってしまうんです。知り合いに冷蔵庫の掃除が大変だから、なるべく冷蔵庫に保存しなくて済むような少量の買い物をモットーにしている人がいるのですか、それも、大勢家族が居れば単発で買うわけにもいきません。

やはり、大量買いをしないと不経済ですし、大量に購入したらやはり、保存するのに冷蔵庫はフル活用になります。たくさん食材を冷やせばそれだけ汚れるのは避けられない…。

冷蔵庫掃除の面倒くささを考えると掃除することを躊躇してしまいますので、ここはもう出来るだけ時短作戦で冷蔵庫掃除を終わらせてしまいましょう。

冷蔵庫の掃除に大活躍するのがズバリ!「エタノール」なんです。消毒用のエタノールが販売されていますので購入しましょう♪すごく便利アイテムですので、重宝しますよ。

時間に余裕がある時や、冷蔵庫掃除に気合を入れたい時は総て中身を分解して中性洗剤で洗い、汚れを落とします。

しかししかし、しかーし!(笑)どうしても冷蔵庫掃除をするのが面倒で、モチベーションが続かない時は、超時短掃除方法発動!エタノールで処理してしまいましょう。

冷蔵庫に保存しているものはとりあえず、全部外に出してしまいます。そして、スプレー容器に入れたエタノールを冷蔵庫内部にかけて、暫く待って、ペーパータオルなどで拭き取るんです。

エタノールは消毒用に使われますので、清潔度は満点!しかも、揮発性アルコールになりますので、後処理が便利なんです。何度も何度も拭く必要が無いんです。

また、エタノールがニオイなども取り去ってくれますので、超便利!

エタノールで消毒、殺菌、清潔を一度に手に入れちゃうわけです。本当は分解して丁寧に洗うのが良いのですが、エタノールを吹き掛けて拭き取るのもとても綺麗になりますよ。

調味料などをこぼして、後が付いてしまっている場合も、本来ならば水洗いをした方が良いのですが、多めのエタノールを吹きかけてペーパータオルなどで強めに拭き取る事で綺麗に落ちる場合もあります。

冷蔵庫はカビが生えちゃう事もあります。そんな事を考えてもエタノールでの掃除はかなり効果があり、清潔に保つことが出来ます。

冷蔵庫掃除は一度に全部の部位をしようとするから面倒くさくなりますので、汚れなどに気付いたらエタノールでこまめに拭くと清潔な冷蔵庫を保つことが出来ますので是非、試してみてください。

ちょっと工夫するだけで清潔を保てる冷蔵庫。徹底的に洗って綺麗にしなければと気合を入れるのも良いのですが、やっぱり疲れてる時があるのは当たり前です。

そんな時にエタノールで一撃処理をすることで負担も少なくなりますし、時短掃除に繋がります。是非是非、お掃除に取り入れてくださいね(๑•̀ㅂ•́)و✧

玄関掃除がすぐ終わる!古新聞は捨てないで玄関掃除活用!

家の中の掃除、もうあちらこちらを一度にしようと思ったらどうしても時間がかかってしまう…部屋がたくさんあればあるほど、当然、掃除時間はかかります。掃除以外にもしなければならないことが山ほどあるわけですし、正直、掃除だけに時間を割くわけにはいかない!(><)

なんとかして掃除の時短方法があれば嬉しいですよね。出来ればたくさんの時短方法を習得して、早く終わらせたい!そう思う主婦の方は多いと思います。

ただ、掃除をしていても、比較的簡単な場所と難しい場所がありますよね。フローリングであんまりものが置いていないような部屋ならば、簡単に掃除が終わります♪

しかし、埃っぽい場所の掃除は厄介です。出来ればそんな場所ほど早く掃除を終わらせたい!そんな埃っぽい場所の掃除の代表は玄関ではないでしょうか。

玄関は外からの埃が容赦なく入ってくるところで、掃除をサボったらすぐにザラついて気持ち悪いですよね。特に乾燥している時期の玄関の掃除のサボりはすぐに部屋が汚れる原因となるので、なんとかしなければなりません。

でも綿ぼこりを始め、砂や砂利など、色々なものが玄関には落ちています。それを簡単に掃除できる方法があるんです。特に細かくジャリジャリしている砂や土に悩ませている人は多いでしょう。

そんな時の掃除の時短方法!
実は「玄関まわりの掃除には濡れた新聞紙を契って玄関に撒いてから、掃除をすると綺麗になる」んですよ!

新聞紙を濡らすととても水分を含みますよね。それを適当に切ってから玄関に撒いて掃くことによって、細かい砂やほこりが舞い上がること無く、その新聞紙に吸着し、綺麗に掃除することが可能なんです。

玄関の汚れは靴の底の汚れだってたくさん付着しています。特に雨が降ったあとの靴の底は、乾くと砂や土が玄関に落ちますのでアッという間に汚れてしまうんです。乾燥した土や砂をほうきとちりとりで綺麗にするのは至難の業です。

そんな時に濡れた新聞を利用すると細かい汚れを集めてくれやすくなりますので、時短掃除を狙うのならば絶対にオススメの方法です。

また、埃が舞い上がるとどうしても咳が出たり目が痛くなったりして、身体的にも苦痛を強いられてる人って結構多いんですよ。アレルギーがある人は埃っぽい場所の掃除を敬遠する人だっているぐらいなんです。

そんな心配がある人も、濡れた新聞紙を利用することで、すんなり解決することが可能ですよ♪

又、新聞ですので、読み終わったものに関しては気兼ねなく利用することが可能ですので、非常に経済的です。

いかがでしたか?(´∀`)

玄関の厄介な掃除には濡れた新聞を使うと早く掃除が終わりますので是非、毎日の掃除方法の一つとして加えて欲しいですね。ちなみにこの濡れた新聞を千切って使う方法は比較的乾いたゴミなどがある場所にとても有効ですので、玄関以外の掃除でも利用可能です。

埃の吸い込みが気になって、なかなか、綺麗に掃除することが出来ない人も是非、このやり方を実践してみてくださいね♪簡単に掃除が終わってラクですよ(´∀`)

油性マジックの汚れ!コレを使って楽ちん綺麗!

小さいお子さんがいるご家庭のお掃除、正直大変ですよね。特に小さい子供は何にでも興味津々、目を離したらあちらこちらに落書きしちゃうなんて事はよくある話です。

しかも子供は見境がまだ無いので、油性マジックなんか使っちゃって落書きしたり…。ただ、油性マジックを使われた日にゃ、正直笑えない!だって落ちないし!!

そう、どこのご家庭でも油性マジックを使った落書きって経験あるんじゃないでしょうか。ただ、油性マジックで落書きされたら正直、対処が難しい。

落ちにくいもので落書きされるのは正直、勘弁してほしいものです。ただ、落書きされた以上、何とかして落としたいもの!

実は…油性マジックという手強い敵であっても、実は簡単に落とせる裏ワザがあるんです!

なんとなんと!「柑橘系の皮を使って綺麗に落とすことが出来る」んですよ。オレンジとかミカンとか…あの皮ですね♪

オレンジの皮といっても、実がくっついてる薄皮じゃなくて、一番外側の所です。

小さいツブツブの表面がある一番の外側の皮をギュッって爪立てたりすると、水分が滲み出できませんか?目に入るとちょっと痛いアレです(笑)

あの水分の中には「リモネン」と呼ばれる成分があり、これが油性マジックを溶かすんです!これは威力抜群で、油性マジックだけでなく、クレヨンなどにも効果を発揮するんです。

正直、真っ白の壁の凸凹素材の壁紙ならば、汚れが落ちるものの、色素が素材に伸びてしまって落ちきれない可能性がありますが、それでも、上手に丁寧に焦らず柑橘系の皮のリモネンを利用することによって若干なりとも落とすことは可能なんですよ。

ツルンとした素材に対しての油性マジックの落書きはお手の物!柑橘系の皮のリモネンを擦り付けてから、乾いた布で丁寧に拭くと綺麗に落ちます♪

今、オレンジ油が入った洗剤などが発売されていたりしますがそれも元はといえばこのリモネンが関係してるんです。それだけ柑橘系の皮に含まれる成分は汚れに強いということですね。特に厄介な油汚れにとても威力を発揮しますので、オススメの落とし方です♪

手肌の荒れが気になる方で、なかなか洗剤をたくさん使えないという場合は是非、オレンジの皮などを利用してみてほしいですね。

ただ、柑橘系の中でもリモネンの含有量によって若干の落ち方が違うようですので、色々と試してみると良いかもしれません。冬場によくミカンなどを食べる機会があると思いますので、一番外の皮は捨てないで、油性の汚れ落としに使ってみるのはいかがでしょうか?

柑橘系の皮を利用することによって掃除の間中、良い香りもしますし、楽しく掃除することが出来ますよ。

ただ、油性マジックなどの汚れをとても落とすリモネンなのですが、高級家具などの汚れ落としをしたい場合は、まずは目立たない部分で試してからにしてくださいね。

柑橘系の天然成分が、表面の艶加工なども汚れと一緒に落としてしまう可能性もあります。先に試して、様子を見てから使用するようにしてくださいね♪

1 2 3 10